敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

心を磨く

「あなたは今、幸せですか?」「はい」と即答できない理由はなんだろう?

投稿日:2017-02-08 更新日:

「あなたは今、幸せですか?」

私は今、とても幸せです。

でも昔は、そうじゃなかった。「幸せ」と感じることなんてほとんどなかった。

5年前の私は「例えば今死んだとしても後悔はしない。別にやりたいことなんてないから」が口癖でした。それも絶望的にではなく、さらっと。その言葉に感情なんてなかった。

この記事は「あなたは今、幸せですか?」の問いかけに「はい」と即答できないあなたに向けて書いてみます。

スポンサーリンク

幸せってなんだろう?

”幸せってなんだろう?”

このすごくありきたりな質問に圧倒的な答えを見出した人はいるのだろうか?

実際に、「私は今、とても幸せです。」と答えたときに具体的な幸せの条件なんてイメージしていない。

じゃあ、私は何を幸せに感じているのか。幸せな人とそうでない人の違いなんて、本当はないのかもしれない。

”幸せ”というのは目に見えないもの。

確かに、目の前に自由に使えるお金や時間、生活必需品を並べられたとしたら、それを”幸せな状況”というのかもしれない。

でもその状況を”幸せだ”と心の底から感じることができる人ってどれくらいいるんだろう?

スポンサーリンク

私が幸せだと感じる理由

私が幸せだと感じる理由について考えてみた。

  • 健康である
  • 居場所がある
  • 家族が健康で楽しそう
  • ご飯がおいしい
  • 尊敬できる人がいる
  • 仕事がある
  • 向上したい趣味がある
  • 生活に困らないくらいのお金がある
  • 思考するに充分な時間がある

ざっと挙げてみるとこんな感じ。でも、これってすごくありきたり。私だけでなく誰にだってあり得ることなのかもしれない。”幸せ”と感じていなかった5年前の私だって健康だったし、居場所だってあったし、仕事もあった。

じゃあ、これだけで今、”幸せ”と感じる私はただのバカなのか?

同じような状況にいて”幸せ”と感じる人とそうでない人の違いってなんなんだろう?

感じる時間を持っていますか?

私には今、時間があります。

毎朝7時に起きて朝ご飯を食べ支度をして仕事に行き、夕方帰宅して夕食を作って食べる。仕事のシフトは週5日。休みは週休2日です。

夕食を食べてから寝るまでの5〜6時間くらいは何をしてもいい自由な時間。

これって5年前の私の生活と何が違うかな?

5年前、私は実家で暮らしていたので食事は週に2、3度作ればよかったし、ブログもやっていなかったから自由な時間なんてたくさんあったはずなのに。

誰かと繋がっていたかったあの頃

5年前の私が、自由な時間に何をしていたのか考えたとき、浮かんだのは携帯電話やメール、mixi、TwitterなんかのSNS。常に誰かと繋がっていたくて携帯電話は常に手の届く場所にあった。

着信音がなれば即座にチェック。もちろんSNSの通知は常にON。今思うと、携帯電話にすごく時間を支配されていた。

もちろん女子会や飲み会の召集がかかればほぼ100%の確率で出席していた。ときに憂鬱で、それを”義務”と感じることがあっても。

私は今、私の時間を生きている

私は今、自分が起きるべきだと思う時間に起き、自分がやりたいことをやって、寝たいときに寝る。

携帯電話は進化してなんでもできるハイテクなものになったけれど、その優先順位はかなり下がった。

会いたい人には会いたい時に会う。もしそれが相手の都合に合わなかったら「今回は縁がなかったね。またそのうち組み直そう」と伝えることができるし、それを冷たいと感じる人とは自然と疎遠になった。どうしても会わなくてはいけないときには自然と自分が合わせるだろうから。

それを”退屈だ”と感じる人がいたとしても、私には、私が心地いい時間やその配分がある。自分のよさも悪さもわかる。私はそれを知っている。

自分が大切に思うものの優先順位も知っているし、「これってどうなんだろう?」ともの思いにふけることもできる。

それが、5年前の私との大きな違い。

スポンサーリンク

まとめ

幸せの理由や基準をいくつ挙げたって、実際に自分が”幸せだ”と感じることはできないんだと思う。

”幸せ”っていうのは目に見えないから、自分で作り上げる必要があるんだと思う。

  • 自分が心地いいと感じるのはどんなときなのか
  • 自分の好きなことはなんなのか
  • あのニュースに対して自分はどう思うのか

そんなことをじっくりと考え、見つめ、ふりかえる時間が人間には必要なんだと思う。

ときに自意識過剰になろうとも。

自分が何者なのか、強みが何なのか知っている人は自然と輝きをまとっている。レディガガに魅了される人が多いのもその証拠。

5年前の私が幸せじゃなかったのはきっと、今の私を創り上げるためにたくさんのことを吸収しようとして、たくさんの情報に触れて、自分が何者なのか考える時間も余裕もなかったからなんじゃないかな。

そう考えると、毎日に忙しく幸せを感じられなかった過去の私に感謝したくもなってくる。

ありがとう、あの頃の私。

「私は今、とても幸せです。」

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元BAアラサー。世界を転々としながら美容やライフスタイルについてのブログを書いています。海外旅行とおいしいものを食べること、肌がキレイなことが幸せ。現在海外長期滞在中。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-心を磨く
-

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.