敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

ボディケア

ボディがカサカサ…でもクリームのベタつきが嫌!ではオイルはいかが?

投稿日:2016-07-07 更新日:

空気が乾燥する寒い季節はもちろん、汗が流れるほどの暑い季節でもエアコンや紫外線でボディは乾燥しがち。

  • 「暑いのにボディクリームを塗りたくない」
  • 「ボディクリームのベタつきが嫌い」
  • 「でも、うるおいは欲しい!」

そんなあなたに、オイルはいかがでしょう?

「オイルなんてさらにべたつくんじゃ!?」と思いがちですが、実はある簡単な方法でベタつかずにうるおい肌をGET出来ちゃうんです。

スポンサーリンク

夏でもボディは乾燥する

エアコンや紫外線の影響で、夏のボディはうるおいを奪われがち。さらに露出が多いと気になるひじ、ひざ、かかと

でも、ただでさえベタつく暑い季節。油分の多いクリームで保湿なんて考えただけでうんざりですよね。

スポンサーリンク

クリームがダメならオイルで保湿!

「オイルで保湿」なんて余計にべたつくんじゃ…と思いがちですが、実はある簡単な方法でベタつかずにボディの保湿が出来ちゃいます。

その、ある方法というのは“インバスボディケア”。お風呂上がりの濡れた肌にオイルを塗るだけ!

お風呂上がりの柔らかい肌に塗ることでオイルの浸透力もUP。濡れた肌に行うことでオイルの滑りが良く全身に塗り広げやすいんです。

使用するオイルは化粧用のものであればなんでもOK。お好きな香りやテクスチャーで選びましょう。

無印良品 ホホバオイル(V)100ml

価格:2,160円
(2018/9/18 11:12時点)

香りのついたものだと全身に香りが残るのでリラックスや睡眠導入効果も

全身にオイルをなじませたらそのままタオルで水分をオフ。お肌はツヤツヤとうるおい、柔らかくなっているのを実感するはず。

オイルがうるおいを逃さない

お風呂上がりはお肌からうるおいが逃げやすいとき

すぐにスキンケアが必要ですが、オイルを塗っておけばうるおいをキープできます。

暑い季節だけでなく、冬場に行うとマッサージ効果もあり血行促進にも◎。

注意してほしいこと

このオイル美容を行う上で、いくつか気をつけてほしいことがあります。

1. オイルは洗い場で塗る

脱衣所に出てから塗ってしまうと周囲にオイルが飛びちる可能性があります。お風呂場にオイルを持ち込んで洗い場で塗るようにしましょう。

2. 最後に洗い場にお湯を流す

洗い場にオイルが飛び散り足元が滑りやすくなる可能性があります。最後に洗い場をお湯で洗い流しましょう。

3. タオルは毎日替える

オイルをなじませた後にタオルで水分をオフするため、タオルにはオイルが付着しています。衛生面を考えタオルは毎日替えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

このオイル美容は夏だけでなく一年中行えます。寒い季節にこれだけではうるおいが足りない場合は水分を拭き取った後にクリームを重ねても◎。

どんな季節もカサつきのないうるおった肌でいたいですよね。

関連記事

トリロジーローズヒップオイルを使ってみた感想!プレゼントにもおすすめ

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元美容部員。ニキビ地獄暗黒期の経験談やコスメレビュー中心のブログ運営中。海外旅行と食べること、肌がキレイなことが幸せ。3年間の海外生活を終え帰国しました。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-ボディケア
-, , ,

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.