敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

美容のヒント

肌荒れしやすい人が無意識にやっている5つの生活習慣チェックリスト

投稿日:2016-07-01 更新日:

女性にとっての天敵とも言える「肌荒れ」。

一言に肌荒れと言っても、

  • ニキビ
  • ざらつき
  • 乾燥
  • かさつき

など、様々な症状がありますが、その原因は無意識に行っている普段の習慣にあるかも。

肌荒れしやすい人がついやりがちな5つの習慣をご紹介します。無意識に行っていることがないかチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ほおづえをつく

授業中や仕事中など、考え事をしている時についやってしまいがちな「ほおづえ」。

一見、女性らしく可愛い仕草だと思われがちですが、実は肌荒れのリスクが。

手のひらに付着している皮脂や目に見えない細菌が肌に付着することで、炎症をおこし肌荒れの原因になります。特に生理前や疲れが溜まっているとき、体調不良のときなど、肌の抵抗力が落ちている時は要注意です。

スポンサーリンク

温かいお湯、または冷水で洗顔

洗顔には、人肌程度のぬるま湯がベスト

お風呂で洗顔する時に、身体に使うシャワーの温度でそのまま顔も洗ってしまう方も多いと思いますが、ちょっとだけ温度を下げてみてください。

顔は身体よりも皮膚が薄く、身体を洗うときと同じ温度のお湯を使うことで潤いを奪い、肌荒れを招く原因になります。

適正なぬるま湯の温度は肌質によって違う

適正な温度は肌質によって異なります。あなたの肌質に合った温度で洗顔するのが美肌への近道!

関連記事

【肌質別】洗顔するときの”ぬるま湯”の適正温度

力を入れすぎる

ファンデーションを塗るとき、化粧水をつけるとき、アイシャドウを塗るとき、無意識に力が入りすぎていませんか?

顔の皮膚は約0.2ミリ。(*1)ティッシュペーパーよりも薄いんです。

摩擦は肌の天敵!肌表面に摩擦が起きると肌のキメが乱れ乾燥や肌荒れの原因となります。スキンケアやメイクの最中に肌に触ったとき、肌がよれていたらそれは力の入れすぎです。優しく、滑らせるように触れましょう。

簡単に力を抜く方法

アイシャドウやファンデーションなどを指で塗る場合は、薬指と中指を使うと力が入りすぎません。指一本で事足りる場合は薬指を、広い面など指二本が必要な場合は薬指に中指を添えます。

顔のマッサージをするときは、必ず油分の多いクリーム(マッサージクリームがベスト)を使い、肌を直接こすらないよう注意しましょう。

注*1:平均的な表皮の薄さ。表皮とは、皮膚の表面の層のことです。

前髪が肌に触れている

前髪や横髪が常に顔に触れているヘアスタイルの場合、肌荒れの原因となることがあります。

特に、ヘアオイルやヘアワックスなどの油分を含むヘア剤をつけていると、それが肌に触れ炎症を起こしてしまうことも。

おしゃれには欠かせないヘアスタイルですが、肌の抵抗力が落ちやすい時期だけでもピンでスッキリとまとめるなどして、肌荒れを防ぐようにしましょう。

ヘアトリートメントのすすぎ残しも肌荒れにつながるので、しっかりと洗い流しましょう。

ファンデーションのスポンジが汚れている

ファンデーションを塗るときに使うスポンジやブラシ、定期的に洗っていますか?

洗っていないスポンジは、下水レベルの雑菌の温床!肌の皮脂や油分を吸収し、雑菌が繁殖。そんなものを肌に塗っているなんて…おぞましいですよね。

毎日洗うことが理想的ですが、なかなかそうもいかないという方は一度使った面を二回以上使うことは避け、毎回綺麗な面を使うようにしましょう。

オススメのスポンジの使い方

私のオススメの使い方は、大きめのスポンジの面の半分を一回のメイクで使い、次の日はその逆半分。

スポンジの使い方文字

それを裏表使い一つのスポンジを4日で使うようにします。休みの日に洗うようにすればスポンジ2つで定期的に回すことができます。

スポンジ専用洗剤のメリット

スポンジを洗う際は食器用洗剤や洗濯石鹸などでもOKですが、スポンジ専用の洗剤が各化粧品メーカーから発売されています。

専用洗剤を使うメリットは、

  • 余計な香料が入っていない
  • スポンジやブラシが傷みにくく長持ちする
  • 抗菌効果がある
  • 洗剤自体がスポンジに残りにくい

私も、以前は食器用洗剤を使っていましたがスポンジが硬くなりやすく感じたり香りが残ってしまうのが嫌で、資生堂のスポンジクリーナーを使うようになりました。

さらっとしたテクスチャーで汚れ落ちの速さや泡切れの良さ、洗剤残りの少ないところが気に入って使っています。少量で落ちるのでコスパも○。

スポンジやブラシだけでなく、普段使っているメガネやサングラスの汚れも肌荒れにつながります。お肌に触れるものは、常に清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上。「肌荒れしやすい人が無意識にやっている5つの習慣」のご紹介でした。

あなたの生活で思い当たることはありましたか?もし一つでも当てはまれば、改善の余地ありですね。

ここで挙げた5つはあくまでも一部の例で、他にも考えられる原因はたくさんあります。肌質や肌の抵抗力によっても個人差がありますので、最終的にはご自身のお肌と向き合い判断するようお願いします。

関連記事

ご自身の肌質がわからない方はコチラの記事をどうぞ。

【肌質チェック】自分の肌質を知ることは美肌への第一歩!

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元美容部員。ニキビ地獄暗黒期の経験談やコスメレビュー中心のブログ運営中。海外旅行と食べること、肌がキレイなことが幸せ。3年間の海外生活を終え帰国しました。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-美容のヒント
-,

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.