敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

経験談

アメリカで救急搬送されて緊急入院したら苦笑い連発だった話【経験談】

投稿日:2017-06-26 更新日:

こんにちわ。すみれです。

前回更新した「アメリカで入院!海外旅行中に事故に遭い救急車で搬送された話【経験談】」では、アメリカでの思いがけないトラブルから救急車での緊急搬送、そして入院宣告というところまでお話しましたが、今回はその続き。

入院してからのことをお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

病院でも感じるアメリカーンな文化の違い

入院宣告を受け運ばれたのはシャワー、トイレ完備の個室。テレビはもちろん洗面所、ソファーベッド、電話、フリーWifiや電子カルテまで全てが揃っていました。

ナース
ここがあなたの部屋よ。私はキャシーであなたの担当看護師。何か助けが必要なら呼んでね。まぁ、あと1時間で帰るんだけど♪

いきなりのフランクな自己紹介に全身の痛みもあいまって苦笑い…。しかしこんなのはまだまだ序の口でした。

全ての病院がそうとは限りませんが、私が入院した病院は付き添いが自由。面会時間の規制もないので、患者の関係者が何時に来ようと何時に帰ろうと、むしろ宿泊したって自由。事前の申請も不要です。

私の場合は彼が泊まり込みで付き添ってくれるとのことで、彼は一旦ホテルに荷物を取りに戻りました。

この時点で事故にあってから約4時間。頭を打ったことから記憶が曖昧だったり、バタバタと処置が行われていたのでここで初めて一人になり、現実と向き合うことができました。

先ほどまでの慌ただしさから一転、シーンと静まり返った病室と、少しの動作に痛む全身。

SUMIRE
こんなことになるなんて…。これから、どうなるんだろう…?

ありがたいことに30数年生きてきてこのかた大きな病気や怪我をしたことがなく、海外はもちろん、日本でも入院したことがない私のこの時の感情はただ「不安」、それだけでした。

ナース
ディナーの時間なんだけど残念ながらあなたの分はないの。明日の朝まで我慢してね〜♪

とのことで朝食後にスノーボードをしてから何も食べていない私は超空腹。

SUMIRE
こんなときでもお腹はすくんだ…。

と恋愛ドラマの失恋シーンさながらのセリフをこの状況で呟くとは…。

ベッド上絶対安静プラス全身打撲の痛みで寝返りすら打てない不自由さを生まれて初めて実感し、情けなさに涙…

と、感傷に浸りかけたそのとき立て続けに病院スタッフが病室に。最初の担当ナースと交代の別のナースやナースのアシスタント、お掃除スタッフ、コンプライアンス関係のスタッフが入れ替わりに出入りしその都度自己紹介。

SUMIRE
そっか。もうすぐ夜だから、眠ってしまう前に確認しなきゃいけないことがたくさんあるのね。

疲れと痛みの辛さからその日は早めに就寝することに。

SUMIRE
明日になったら少し痛みも楽になっているといいな…。

痛み止めをもらうとすぐに眠くなり、「さすがアメリカの薬…」と思いながら眠りにつきました。

ぐっすり眠って目覚めると朝…のはずが、突然の閃光に目が覚めたのはまだ午前2時。真っ暗な部屋に差し込むまばゆい光は、開け放たれたドアから入る廊下のLED照明でした。

アメリカーンな時間の自由はここにも適用。まさかの消灯時間なし。廊下やナースステーションは24時間まぶしいくらいの電気が付いていました。

寝ぼけた頭と裸眼でよく見えない目をこすり光の方を見ると、ナースがふたり。

ナース
血圧測るね〜!はい、腕出して!痛みはどう?痛み止め欲しい?
SUMIRE
えっ…この時間に…?!
ナース
私クロエ。これからこの子と交代してあなたの担当になるわね。よろしく♪
旅行中に事故で怪我しちゃったのね〜、日本から来たの?私のおばあちゃんは日本人なのよ〜!私日本大好き!何もかもクールで、あんな国に生まれたあなたが羨ましいわ♪

突然の就寝中の訪問とハイテンショントーク炸裂に唖然。患者の睡眠時間よりスタッフの働くペースが優先されるアメリカーンな環境にまたまた苦笑い。

この先が思いやられるすみれなのでした。

みーちゃん
次の記事が更新されたタイミングでお知らせを受け取ることができます。
下記の各種SNSボタンからフォローをお願いします。

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元BAアラサー。世界を転々としながら美容やライフスタイルについてのブログを書いています。海外旅行とおいしいものを食べること、肌がキレイなことが幸せ。現在海外長期滞在中。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-経験談
-, ,

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.