美容のおはなし

正しいパッチテストの方法をマスターして化粧品トラブルを予防しよう!

投稿日:2016-07-02 更新日:

敏感肌もしくは、肌トラブルやホルモン周期で敏感な状態になっている肌の方に、絶対にやっていただきたいことがあります。

それは、パッチテスト

「なんだ~、そんなこと当たり前だよ」って方は、本当、素晴らしいです。

「私、たまにしかやってない」って方や、「やってはいるけど、正しい方法かどうかわからない」なんて方は、正しいパッチテストの方法をご紹介するので、改めて確認をお願いします。

実は、私、過去にパッチテストを怠り大変な目にあったことがあります。その話は長くなるのでコチラの記事をどうぞ。

関連記事

私の人生史上最悪な化粧品トラブル

それでは早速、正しいパッチテストの方法をご紹介します。

忘れてしまいそうな方はこのページをブックマーク、もしくはスクリーンショットで残して、その都度確認してくださいね。

スポンサーリンク

正しいパッチテストの方法

二の腕の内側にテストを行う化粧品を塗る。

→夜、入浴後の清潔な肌で行うのがベストです。

24時間後、塗った箇所に腫れ、赤み、かゆみ、肌質の変化などがないか確認する。

→見た目の変化だけでなく、触った質感の違いにも注意してよく確認しましょう。

24時間ごのチェックを忘れそうな方は、スマホのカレンダーやリマインダーでアラームを設定しておくと安心。

二の腕に変化が見られなければ、フェイスラインに塗る。

→ボディは顔の肌に比べ、紫外線や外的ストレスを受けにくい箇所。ボディと顔の肌で、違った反応を示す場合もあります。

24時間後、フェイスラインに問題がないか確認する。

→私は、念のためこのタイミングでも二の腕に変化がないかチェックします。

スポンサーリンク

パッチテストの途中で異変が起きた場合

パッチテスト中の化粧品が肌に合わない場合、かゆみ、赤み、腫れ、かぶれといった反応が現れます。

パッチテストの途中で異変が起きたときには、すぐにテストした箇所をぬるま湯で洗い流してください。

その時に石鹸などを使うと余計にひどくなることがあるので、人肌程度のぬるま湯でこすらずに優しく洗い流してください。

ご自身でその状態を回避できない場合は、テストをした化粧品を持って皮膚科医に相談することをお勧めします。

使ったことのある化粧品にも注意

もう一つ知っておいて欲しいことは、過去に使ったことのあるものでもトラブルを起こす可能性があるということ。

体質や肌質は、ホルモンバランスや生活習慣で変わります。

「前も使っていたから大丈夫」と、久々に使ったらトラブルを起こしてしまった、なんてこともあるので、連続使用ではない場合はパッチテストをお勧めします。

また、長い間放置して古くなった化粧品は、どんな保存状態であっても成分の変質が起きている可能性があり、パッチテストが必要です。

そして、以前使用したものと同じ製品であっても、日本国内の販売店ではなく海外で購入したもの、個人輸入したものは製品の成分、配合の量やバランスが異なる場合があります。”同じ製品”と安心せずにパッチテストを行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

以上。「正しいパッチテストの方法」をご紹介しました。

多くの化粧品トラブルは、事前のパッチテストで防ぐことが出来ます。面倒に感じてしまうこともありますが、大切なお肌のためにかかさずに行いましょうね。

関連記事

*私が過去に、パッチテストを怠ったせいで体験した最悪な化粧品トラブルについてはこちら。

私の人生史上最悪な化粧品トラブル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連コンテンツ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きなアラサー。世界を転々としながらブログを書いています。海外旅行とおいしいものを食べること、肌がキレイなことが幸せ♡BA経験を経て海外移住→様々な経験から多様な価値観に触れ帰国→より豊かな心で生きるためにさらなるインプットを決意→半年間の海外長期滞在(←今ココ)。

詳しいプロフィールはこちら

-美容のおはなし
-,

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.