敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

ゆるい日記

【近況報告】思いがけず完全帰国となりました。元“海外在住元BA”の最近

投稿日:2017-08-29 更新日:

5月に1ヶ月半の予定で一時帰国してはや3ヶ月が過ぎました。今もまだ日本にいます。

というよりもこのまま、日本にいることになりました。

この数ヶ月で次々と色々なことが起こり、たくさん考え、たくさん泣いて、たくさん決断しました。その結果の完全帰国。

美容のことではありませんが、私の中での大きな出来事をできる範囲でお知らせしたいと思いました。

スポンサーリンク

はじめは1ヶ月半の滞在延長だった

もともとは、1ヶ月半の一時帰国の予定でした。

新しいビザの申請をするための準備が必要で、日本でやったほうが費用も安くスムーズだということもあり、約3年ぶりに日本に帰国しました。

帰国前にちょっと旅行を、と、アメリカに2ヶ月滞在。そこで事故にあい怪我をしたため、経過観察のために日本での滞在を3ヶ月に延長しました。

関連記事

アメリカで入院!海外旅行中に事故に遭い救急車で搬送された話【経験談】
アメリカで救急搬送されて緊急入院したら苦笑い連発だった話【経験談】
アメリカで緊急入院したら病院食もアメリカンだった話【経験談】

この時点では、3ヶ月経って医師から完治と言われた時点で、無事取得できたビザを持ってまた戻るつもりでした。

スポンサーリンク

青天の霹靂

滞在期間が倍に伸び、「せっかく時間があるなら」と軽い気持ちで受けた健康診断。その検査結果が、日本を出る予定だった日の2週間前に届きました。

それがまさかの再検査。

そこからは慌ただしく日々が過ぎて行きました。

再検査の結果は、ざっくり言うと陽性。その3日後に入院、翌日に手術を行いました。

そんなに急を要する病状ではなかったのですが、精神的に、忙しくしていたかったので最短のスケジュールでの手術となりました。

病気になってしまったこと、まさに青天の霹靂でした。

子供の頃から大きな怪我も病気もなく、入院もアメリカでの緊急入院が初めて。なんとなく、ただ漠然と、自分は何事もなく健康に歳をとっていくんだと思い込んでいました。

健康診断だって日本にいるときは定期的に受けていたし、数値に異常が出たことも、再検査を受けたこともありませんでした。

そんな私がまさか、30代で手術が必要な病気になってしまうなんて。

病気に対する恐怖や後悔よりも、両親や家族、彼への申し訳なさ。彼の両親に対してのうしろめたさが私の心を支配しました。

家族に心配や迷惑をかけてしまうこと。

彼にも病気を背負わせてしまうこと。

「病気持ちの子とは結婚させたくない」と、彼の両親に思われてしまうんじゃないか…という不安。

手術や病気についてはたくさん調べて納得して、前に進むしかないという気持ちを、告知を受けた時、正確には再検査を受ける必要があるとわかった時から一貫して持ち続けているのに、「“病気になった私”を周りがどう思うか」そのことばかり考えてしまう。

それは未だに、完全には乗り越えられていません。

海外で?日本で?今後の拠点

私の病気は、手術をした後も定期的な通院が必要です。

今すぐ命に別状がある訳ではないけれど、今より状況が悪くなる可能性がない訳ではないし、もしそうなったらそれに合わせた治療や対処が必要になります。

手術を受けた病院の担当医には一時帰国中であることを伝えてあったので、術後の通院をこのまま日本で行うのか、戻るつもりでいるのか確認されました。

私の判断に任され、数日悩みました。

彼は仕事のために先に日本を離れ、あちらで私の帰りを待っています。仕事の契約があるので1年は日本に戻らない。あちらには私の荷物も部屋も残したまま。ビザも取得できた。

たくさん悩んで、たくさん考えた結果、私は日本に残ることを決めました。

これからのことと今の気持ち

まだ、完全には心の整理が付いていないこともあり、現段階で病名は伏せさせてください。

いつか、この病気が私の一部になったとちゃんと受け入れることができたときに、必要性があれば公表するつもりでいます。

正直「ブログに書くことではないのかな」と思ったし、当初は公表するつもりはありませんでした。

だって、「病気持ちなのに“美容が好き”ってお気楽すぎる」って思われそうで。それに、「病人の美容レビューなんて信ぴょう性がない」と思われそうで怖かった。きっと、かっこつけたかったんだと思う。

でもこのまま何も触れずに続けていくのは、なんだか隠れているようで、病気に負けているようで、嘘をついているようで嫌でした。

それに、“そう思われそうと思っていることは、一番自分がそう思っているということなんだ。”ということに気がついて。病気になった自分もちゃんと受け入れたい。そう思ったので、今、話せることをお話ししようと思いました。

完全帰国とはいえ、通院の合間を見て彼を訪ねるつもりでいます。長く滞在できそうなら、あちらで短期の仕事もしたいなぁ、とも考えています。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、もう「海外在住元BA」ではなくなってしまいました。あえて肩書きをつけるなら「病気療養中アラサーニート(元BA)」(笑)。プロフィールも近々編集しないとなぁ。

なんだかまとまりのない文章になってしまってごめんなさい。

考えていることや決めたこと、想いがたくさんあり過ぎて、要約するのが難しい。これからも考えは変わるだろうし、今より落ち込むこともあると思います。でも、このブログも病気も私の一部だから。

でもね、約3年ぶりの日本はとても刺激的で楽しいです。日常生活に規制もありませんし、今までと特に変わらず心身ともに元気です。

久々にこんなに長く地元で過ごしているし、甥っ子姪っ子が泊まりに来ることも多く毎日バタバタと過ごしています。

いつも読んでくださってありがとうございます。今日が初めての方も、見つけてくださってありがとうございます。

これからも、わたしほりっくと私、すみれをよろしくお願いします。

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元BAアラサー。世界を転々としながら美容やライフスタイルについてのブログを書いています。海外旅行とおいしいものを食べること、肌がキレイなことが幸せ。現在海外長期滞在中。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-ゆるい日記
-

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.