敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

美容のヒント

オーガニックコスメは肌に優しい?メリット・デメリットや高価格のワケ

投稿日:2016-09-08 更新日:

世界的に人気があり、最近日本でも市民権を得つつあるオーガニックコスメ。

  • オーガニックコスメは肌にやさしい
  • 敏感肌でも使える

なんてイメージを持っている方も多いようですが、実は必ずしもそうではないようです。

オーガニックコスメとはなにか、また、そのメリットやデメリットはどういったものなのかについてまとめてみました!

スポンサーリンク

オーガニックコスメとは

オーガニックという言葉は英語で、日本語に直訳すると有機という意味。一般的に有機栽培を意味しています。

有機栽培とは、おおまかに言うと「化学合成農薬・化学肥料を使用せずに栽培する方法」

オーガニックコスメとは、有機栽培されたものを原料に作られた化粧品の事を指しています。

日本における“オーガニック”

オーガニックにはいくつかの認定機関があり、日本での認定機関は農林水産省

有機JAS認定としてオーガニック製品を謳うことができるかどうかの検査・証明を行っています。

しかし、この有機JAS認定は食品に対する認定のみを行うもの。

実は、日本ではまだオーガニックコスメの定義が定まっていません。

ということは、現在日本で製造・販売されている“オーガニックコスメ”には“オーガニック”を謳う基準がなく、その製品をオーガニックコスメとジャンル分けするかどうかはそのメーカー次第、ということになります。

極端に言ってしまうならば、製品全体の0.01%でも有機栽培された成分を含んでいればオーガニックコスメとして販売することができる、ということです。

海外における“オーガニック”

オーガニック認定機関は世界にいくつも存在していますが、その中でも早くから発足し厳しい基準を設けていると言われているのがヨーロッパ各国の機関。

ヴェレダのレビュー記事でも少しご紹介した非営利団体NaTrue(ネイトゥルー)や、フランスのECOCERT(エコサート)、ドイツのBDIH(ビーディーアイエイチ)などが代表的です。

これらは日本の有機JAS認定とは違いコスメのための認定基準を持っています。そして、その機関の多くが非営利

「公正な基準を設けるためには政治や経済が影響してはいけない」といった考え方から発足された認定機関が数多く存在します。

このようなことからヨーロッパ各国は“オーガニック先進国”と呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

オーガニックコスメは肌にやさしい?

日本での”オーガニックブーム”はまだ始まったばかりということもあり、オーガニックコスメについて

  • オーガニックコスメは肌にやさしい
  • 敏感肌でも使える

というイメージを持っている方も多いようですが、実は必ずしもそうではないようなんです。

オーガニックコスメの成分

オーガニックコスメは、主に植物を成分に作られています。

植物はそれぞれ肌によいと言われている力を持っていて、その力を借りて肌をよくしていくといった考え方ですね。

確かに理にかなったその考え方ですが、“安定性がない”という弱点があるのも事実。

植物に対しての研究は未だに解明されていない部分もあり、まだ私たちがわかっていない効果・効能を生み出す可能性も否定できません。それが人間の肌にとって良いものであれば素晴らしい成分となりますが、必ずしもそうとは限らないですよね。

そういったことから、“すでに効果・効能がはっきりとしている人口の化学成分を使用した方が肌に安定的に効果がある”という考え方もあります。

オーガニックコスメは地球にやさしい!

有機栽培についての項でお話ししたように、オーガニックコスメの原料は化学肥料や農薬を使わずに栽培されたもの。

化学肥料や農薬といった人工の化学物質は、水や大地の汚染につながり野生動物や虫、植物、微生物などあらゆる生物に影響を与えます。もちろん、人間にも。

オーガニックコスメにはそういった悪影響を与える化学物質を使用していないため「地球にやさしい」と言われています。

オーガニックコスメが高い理由

オーガニックコスメは日本国内で製造されているものでも、他の化粧品に比べて価格が高く設定されているものが多いですよね。

コスメ以外でも、スーパーで見かけるオーガニックの野菜や果物などの食品も、他のものより高い価格で販売されています。それは一体なぜなのでしょうか。

有機栽培にはコストがかかる

苗木と手

先ほどもお話しした通り、オーガニックコスメの原料は有機栽培で作られています。

有機栽培は、農薬を使った栽培方法よりも虫の被害が多く病気にもかかりやすいため、最終的に市場に出せる数がどうしても少なくなってしまいます。

また、農薬を使った栽培方法よりも手入れに手間がかかるため、生産者の人件費などの費用もその分かかってしまいます。

そういったことから、オーガニックの原料で作られる製品の単価も必然的に高くなってしまうということですね。

スポンサーリンク

まとめと個人的な見解

と、ここまでオーガニックコスメについてお話ししてきましたが、実は私はオーガニックコスメ初心者なんです。

今までもオーガニックの100%ピュアオイルは愛用していましたが、成分が調合されたオーガニックコスメを使ったのは、ヴェレダのアイリスナイトクリームが初めてでした。

何事も行動する前によく調べないと気が済まない性格なため、ヴェレダ製品を購入する前にオーガニックコスメについても調べてみたんです。

そうすると、世間で言われているオーガニックコスメのイメージとはまた違った一面がわかってきたので、こうして記事にしてみました。

オーガニックコスメの使用ついてはもちろん賛否両論あることと思いますし、私自身、オーガニックにこだわりを持っているわけではありませんが、あえてメリット・デメリットを挙げてみますね。

オーガニックコスメのメリット

  • 地球にやさしい(=人にやさしい)
  • こだわりを持って製造している人たちと繋がることができる
  • 人工の合成原料を避けることが出来る

オーガニックコスメのデメリット

  • 効果・効能の安定性が低い
  • 比較的高価格

高価格」という点について、個人的にはその製造過程を考えると妥当な価格だと思いますが、「効果・効能の安定性が低い」という点については、これから改善の余地があるのかなーと感じました。

あとはやっぱり、日本にも安心できる認定機関が発足してくれたらいいですよね。

日本人にとって、日本人の肌に合った「国産コスメ」というのはやっぱり安心感があると思うので、非営利の認定機関ができてくれるとその安心をより強固なものにしてくれるんじゃないかな、と感じました。

そして、私にとってとても大きなメリットだと感じた「こだわりを持って製造している人と繋がることができる」ということ。

オーガニックコスメを使うということは、安心して使えるオーガニックコスメを作るために、こだわりを持って生産・製造している人たちの生活や人生と繋がることができるということ。生産者・製造メーカーの人たちのこだわりや生活を、製品を使用することで応援することが出来るんだな、と感じました。

勉強を始めたばかりでまだまだ無知な部分が多いですが、オーガニックコスメ初心者の現時点での正直な見解でした。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元美容部員。ニキビ地獄暗黒期の経験談やコスメレビュー中心のブログ運営中。海外旅行と食べること、肌がキレイなことが幸せ。3年間の海外生活を終え帰国しました。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-美容のヒント
-,

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.