敏感ゆらぎ肌女子がナチュラル素肌美をめざすブログ

わたしほりっく

オイル

トリロジーローズヒップオイルを使ってみた感想!プレゼントにもおすすめ

投稿日:2016-11-29 更新日:

ニュージーランド生まれのナチュラルスキンケアブランド・トリロジー。昨今、ナチュラルスキンケアやオーガニック製品に注目が集まる中いくつかの国で販売され、最近日本でも注目されつつあります。

トリロジーの中でも一番人気のローズヒップオイルがとても良いとのオススメをいただいたので、今回初めて使ってみました。

スポンサーリンク

トリロジーとは

トリロジーはニュージーランド発のスキンケアブランド。

オーストラリア出身の二人の姉妹が立ち上げたブランドで、「肌に最高の効果を、地球に最小限の影響を」をコンセプトに掲げています。

製品の成分にもこだわりを持って製造しており、トリロジーのローズヒップオイルはニュージーランドのオーガニック認証BioGro(バイオグロ)によって認証を受け、さらに

  • 遺伝子組み換えの成分を使わない
  • 動物実験を行なわない

というポリシーを持っています。

スポンサーリンク

ローズヒップオイルとは

ヴェレダのワイルドローズナイトクリームのレビュー記事でも少しご紹介したローズヒップ

ローズヒップ

ローズヒップとはバラの果実のことで、そこから抽出されるローズヒップオイルは必須脂肪酸(EFA)やビタミンCを多く含んでおり、その形状も相まって「ビタミンの爆弾」とも呼ばれているそうです。

ビタミンCといえば美容はもちろん健康にも欠かせない栄養素。ローズヒップはハーブティーとしても人気ですし、ローズヒップオイルを食用油として使ったり、ビタミンC摂取用のサプリメントにも用いられます。

“第二次世界対戦の最中イギリスではオレンジの輸入が止まってしまい、ビタミンCを摂取するためにイギリスの学生さんが野生のローズヒップを採集させられた”なんて逸話もあるみたい。昔から栄養素の高い果実として認識されていたんですね。

ちょっと話は逸れましたが、トリロジーのローズヒップオイルについてご紹介していきます!

トリロジーのローズヒップオイル

トリロジーのローズヒップオイルは、独自の低温抽出法でアルコールなどの溶媒を一切使用せずに製造されており、製造過程で起こりやすい成分の破壊を最小限に抑えています。

特にビタミンCは加熱すると壊れやすい栄養素なので、低温で抽出することがとても大切なんですね。

全成分はとってもシンプル

トリロジーのローズヒップオイルはオーガニック認証を取得したローズヒップオイル100%の製品。

全成分は“オーガニック認定ローズヒップオイル”のみ。とってもシンプルでナチュラルなスキンケアです。

ボトルの形状

トリロジーのローズヒップオイルはスポイト付きの容器で販売されています。

【trilogy】ローズヒップオイル

容量は20ml。販売されている国によっては45mlの製品もありますが、日本の公式通販サイトでは20mlの販売のみになっていました。(2016年11月下旬現在)

フタがゴム?シリコン?のような素材のスポイトになった容器を開けるとこんな感じ。

トリロジーローズヒップオイルスポイト

海外製品のオイルって使っているうちに中身がじわっと漏れてきてしまうものが多いんですが、こちらはしっかりとスクリューして閉めることのできる容器なので今のところオイル漏れは気になりません。

スポイトのクオリティもよく、出したい量だけ1滴ずつ出すことが出来るので快適に使えています。

20mlの小さな容器とこのスポイト。見た目の可愛らしさだけでなく、スポイトで1滴ずつ出すこの動作がなんだか実験みたいで楽しくて、毎日ウキウキしながら使っています。

使用感と香り

スポイトで1滴出してみるとこんな感じ。

トリロジーローズヒップオイルテクスチャー

色はきれいな黄金色。伸ばしてみると…。

トリロジーローズヒップオイル伸ばした

スーッと伸びてなじみます。

数年前からオイル美容が注目され始めたくさんの種類の美容オイルが出回っていますが、このローズヒップオイルは他のものに比べて比較的軽めのサラッとしたつけ心地

以前、無印良品やナウフーズ(NOW FOODS)のホホバオイルを使っていたんですが、ホホバオイルよりサラサラ。肌にのせてもヌルヌルせず、美容液のような感覚で使えます。

オイルのベタつきやヌルつきが苦手な方でも使えるんじゃないかな、と思いました。

トリロジーに限らず、ローズヒップオイルといえばよく話題になるのが“香り”

原料特有の香りが、“魚臭い”とか“生臭い”など、不快に感じてしまう方もいるそうです。実際に口コミサイトを確認すると「顔に塗った後もずーっと生臭くて具合が悪くなりそうだった」とか「原料の香りなので仕方がないけれど、香りがもっとよければ快適に使えるのに!」なんてコメントも見かけました。

実は私、香りにちょっと敏感なところがあるので、今回、製品を購入するときに店頭で香りを確認させてもらったんですが、意外なことにほとんど気にならなかったです。

ビンの口から嗅いでも、実際に手の甲に塗ってから嗅いでも「うーん…まあ、言われてみれば…サカナ〜…?」くらい。購入してからももう10日くらい使っていますが、ほとんど、というかまったくと言っていいくらい気になりません。

とはいえ香りの好みや感じ方は人それぞれ。もし、どうしても気になる!という方は購入前に香りの確認をお勧めします。

プレゼントにもオススメ!

このオイルを購入してすぐにTwitterにツイートしたんですが、このオイル、プレゼントにもオススメです。

その理由はこの外箱!!!

トリロジーローズヒップオイル箱

これだけじゃちょっとよくわからないかな?

トリロジーローズヒップオイル箱の内側

これっ、箱の内側にローズヒップがプリントされているんですっ!可愛くないですかっ!?

このことには店頭で気付かなくて、購入した直後にブログ用の画像を撮ろうと箱を開けて発見。「わああ〜っ」とテンションが上がりました。

こういうのって実際、化粧品としての効果とは結びつかないし、最近はエコやミニマリズムが注目を集めているので無駄と思われる方もいるかもしれませんが、私は大好きなんです。

もしこれが、プレゼントにいただいたものだったら。贈り主さんのセンスを感じるなあ、と勝手に妄想しました。(笑)

もちろん、プレゼントにおすすめなのは箱の可愛さだけではなくて、

  • 愛用のスキンケアの邪魔をしない
  • 原料がシンプルなので肌に合う可能性が高い
  • 万が一肌に合わなかった場合でも、髪の毛やボディにも使える

という点が挙げられます。

仲の良いお友達だと毎年お誕生日プレゼントをあげたりして、正直ネタが尽きるときってありますよね。(笑)スキンケア製品って人それぞれ愛用しているものがあって、化粧水や乳液などのベーシックケアはすでに確定していることも。その点、オイルなら普段のスキンケアにプラスできるので案外嬉しいんじゃないかな。

もし、女子力の高いお友達、家族、恋人や奥様へのプレゼントに困っている方がいたらぜひリストにプラスしてみてください。個人的に、私が友達にプレゼントしたいなーとも思いました。

ちなみに、トリロジーは環境への影響を考慮しパッケージングを最小化。リサイクル可能な素材でのパッケージングはもちろん、できる限り中古紙を使用したり印刷に使うインクは再生可能なバイオインクを使用するなど、化粧品の中身だけでなくパッケージにも細かい配慮がされています。

トリロジーローズヒップオイルが購入できる場所

トリロジーの製品は完全受注生産だそうで、必要以上の商品が出回っていないのが現状。日本で購入できる店舗はあまり多くないのですが、トリロジーの公式ホームページやコスメキッチンなどで通販することができます。

Trilogy ローズヒップオイル商品ページはこちら。

【trilogy】ローズヒップオイル

スポンサーリンク

まとめ

本当はこの記事でローズヒップオイルの使い方や効果についてもご紹介するつもりだったんですが、文字数が多くなってしまったので次回の記事でまとめたいと思います。

このオイル、結構、というかかなり気に入ってしまって好きな気持ちが溢れてしまったのが原因かと…(笑)ぜひ下のリンクから関連記事をご覧ください。

関連記事

*トリロジーローズヒップ関連の記事一覧

この記事が役に立ったら
いいね!ボタンをクリック♪

SNSでシェアする

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すみれ

旅と美容が好きな元BAアラサー。世界を転々としながら美容やライフスタイルについてのブログを書いています。海外旅行とおいしいものを食べること、肌がキレイなことが幸せ。現在海外長期滞在中。お仕事のお問い合わせはこちらから。

詳しいプロフィールはこちら

-オイル
-, ,

Copyright© わたしほりっく , 2018 All Rights Reserved.